DIYの始め方

DIYを始める前にはこれをする

今回はDIYを始めようとしているけれど、いったい何から始めればいいのか分からない、というお悩みの方に向けて発信していきます。

また、いざDIYを始めてみたけれど途中で断念してしまうという方も観てほしいと思います。

①構想を練る:DIYを始める前に

DIYの始め方を紹介していきます。

手順としてはまずは『構想を練る』です。

「こういうものを作りたい」
「こんな生活をしたい」
「こうなったら便利だろうな」

テレビや本、最近ではYouTubeでもDIYは取り上げられることは多いですよね。
このように外部から情報を取り入れることでDIYの構想が膨らみます。

要するにゴールが定まってないと何を作ればいいのか分からなくなってしまうということです。

②計画を立てる

次に始めるのが『計画を立てる』です。
作るものの大きさを決めるのですが、寸法取りを行ってから決めましょう。

DIYで作ったものを置く場所を測っておくのも忘れずに。
せっかくDIYしたものがサイズが合わなかったなんてことにならないように気を付けて下さいね。

この『計画を立てる』工程でいい加減にしてしまうと、失敗に繋がりやすくなります。

③準備する

立てた計画をもとに、必要になる材料・工具を揃えます。
材料を仕入れるにはホームセンターや、インターネットを活用すると良いと思います。

計画を立てた時点で、採寸も行っておけば、購入する材料の数もわかります。

揃える工具は、材料をどう加工して、どう組み立てていくかを想像してから、決めていくと良いでしょう。

材料をカットするならのこぎり、釘を使わないで組み立てるなら接着剤、といったように、必要に応じて工具を揃えていきましょう。

④加工する

そしていよいよ『加工』の作業に入ります。

用意した工具で材料を切ったり、削ったり、穴をあけるなどをしていきましょう。
始めたばかりのころは、まだまだ慣れていないので加工してミスしてしまうかもしれないけれど、やればやる分、精度は高まってくので頑張ってください!

⑤組み立てる

最後は加工した材料を『組み立て』ていきましょう。

②の計画が甘かったり、④の加工で採寸通りにできないと、組み立てたときにきれいに仕上がらなくなってしまいます。

もし、不安がある方は、材料を少し多めに揃えておくとやり直しがしやすくて良いかもしれませんね。

楽しくDIYを行うためには

いかがでしたか。

初心者の方の中には、なかなか思い通りにはいかずに途中で挫折してしまう方も多いかもしれません。

実際に躓いてしまう人が一番陥りやすい失敗の原因は、②の計画を立てる工程をいい加減にしてしまっていることです。

だからこそ、ここで一番伝えたいのは、②の計画を立てるという工程を甘く見ないこと。

ここでどれだけゴールをイメージできるかが、DIYの成功につながります。
今までDIYで思い通りにいかなかった人はこちらを参考にしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です